中古住宅購入前に確認したいこと

中古住宅の探し方には不動産サイトや新聞広告等があります

新築で建てた住宅が一度でも利用されて、さまざまな事情によって売りに出されたものが、中古住宅として扱われます。

この中古住宅を購入するメリットは、新築に比べて費用が安くすむ、築年数や土地の広さ、坪単価など自分のあった条件のものが比較的見つけられやすいという点です。ここ最近では減税制度や補助金制度などによって、とても人気が高まっております。特に不動産関係は早い者勝ちが当たり前なので、人気ある中古住宅では、情報の早さが必要となるでしょう。

まず、探し方なのですが、自分がどのような物件を探して、どのような購入の方法をするかなどを決めておく必要があります。

image

それから中古住宅にはリフォームが必要不可欠です。特に築年数が経つほど改修する必要性のある場所が出てきます。リフォームする必要性があるかどうか、リフォーム済みの物件なのかどうかを確認し、金銭面などの考慮をしなければなりません。中古住宅を探すときの方法は、インターネットを活用して不動産のサイトで探すことができます。たくさんの種類が登録されていて、住みたいエリア、価格帯、築年数などの条件を入力し検索することで、当てはまる条件のものが見つかります。

また、メール会員になることで、最新の情報をいち早く掴むことが可能です。

自分の住んでいるエリアで中古住宅を探すのなら、新聞などの広告欄や折り込みチラシを見るのも一つの方法です。ほとんどの家庭では新聞を取っていることでしょう。毎日見るだけでも情報が手に入ります。他には、住みたいエリアの不動産を回ることです。

直にお話しすることでいろいろな情報が手に入ります。

しかも、こまめに通い、コミュニケーションを図ることで、お得な物件や最新の情報などが手に入りやすくなるのです。とくに、非公開物件という、まだどこにも公開していない物件なども教えてくれる可能性も高まります。非公開物件は、売り出す場所の近隣の人たちにあまり知られたくない場合や、今住んでいて、次の引っ越し先がまだ見つかっていない、もしくは売却予定日がまだ決まっていないなどの理由がほとんどです。このような情報は、こまめに不動産をまわることで手に入る情報でもあります。